スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアリアルドッグクラブ

minny2.jpg
ミニー・4歳3か月
1998年11月1日JFAのジャパンファイナルがお台場でありました。ファイナルはヒート犬でも出られるのでミニーは2度目の出場。大会後大急ぎでサフィの所へ駆けつけて交配をしました。ミニーもサフィも初めてで時間がかかることも覚悟していましたが行って5分もかからずに結合。30分後には家に帰れました。上手なサフィ君に驚き感謝したのを覚えています。そして翌年1月4日にファイナル当日に交配した仔犬が6頭生まれました。
minnyaerial.jpg
左がミニーで右がエアリアル
このころ群馬でもフリスビーをやる人が増えてきました。JFAの県単位のクラブもいくつかできてきました。当然の如くクラブ群馬も作りたいと思いJFAに申請しましたがすぐには作らせてもらえず、それならばと「エアリアル・ドッグ・クラブ」を仲間と共に結成しました。1998年の冬季長野オリンピックのモーグルでエアリアルと言う言葉を聞き好印象を持っていたからです。そして1999年1月4日に生まれたミニーの仔犬に仲間の了承を得て「エアリアル」と名付けたのです。このエアリアルが若干8か月でシリーズ戦を優勝しファイナルにも連れて行ってくれました。ミニーにも感謝しました。エアリアルが5か月の時ふとテレビで見た競馬の安田記念に「エアジハード」という馬が出ていて同じエアだからと応援すると優勝しました。この時うちのラブには「エア・・」と名づけようと決めたのです。それともう一つ。始め私は「ミニーパパ」というHNでしたがミニーの子のエアだから私の孫・エアから見れば祖父と言うことでまだ40代で、ちょっと抵抗はありましたが「エアジジ」になったのです。けしてジジイだからではありません。
minny.jpg
エアリアル・1歳5か月
wing2_20120627125445.jpg
エアウイング・生後70日
つづく

サフィとの出会い

5_20120628071346.jpg
ミニー
ミニーのお婿さん探しが始まりました。ミニーのお父さんのテリーはタスコティムパーマンの子。お母さんは新潟のナンセイソウさん出身で、サンドリンガムトランプの孫。特にお父さんのテリーは名だたるブリーダーさんが皆で作り上げたのではないかと言うほどの名血です。競馬馬でいえばサンデーサイレンスとエアグループの子と言ったところでしょうか。
terry.jpg
ミニーの父テリー

お婿さんの条件には小柄で作業意欲があって運動性能が良くて性格が良くて血統的にも優秀でと、かなりの条件がつきます。半年以上は探しましたがなかなかお眼鏡にかなう犬はいません。ちょっと困った状態でした。そんな時、仲間内で公園でいつものようにディスクの練習をしていると遠く離れたところでボール遊びをしている黒ラブがいました。楽しそうにしかも全速で1時間近くやっています。近くへ行って見ると20㎏前後の小柄なラブの男の子です。「良い子ですね、名前は、歳はいくつですか。」「サフィです。5歳です。」「失礼ですが血統書はありますか。」「確か、猟犬というものならありますよ。」「ボール、投げてみても良いですか。」「どうぞ。」「ディスク投げてみても良いですか。」「やったことはないので無理かもしれませんが、どうぞ。」しっかりサフィはキャッチしました。その公園から5分と離れていないサフィ君の家までついて行き、血統書を探してもらい見せてもらいました。サンドリンガムトランプにアドビーミスティにタワーラインスウィフトにとその他FTCHが6頭も入っています。血で走るとは競馬のことですが犬もそうなのかとつくづく思いました。サフィのオーナーさんはそんなことには興味がなく「父が市内の知り合いのところで生まれた子をもらってきたようです。」JKCへの血統書の登録、入会手続きをすべてこちらでやりますからと交渉。快く承諾してくれました。
DSCF0305.jpg
サフィ

ミニー

minny-2.jpg
ミニー生後2か月
1996年5月末に我が家にやってきました。
本当はうちに来る予定ではなくオーナーさんが決まっていました。
その方が交通事故で犬を飼えなくなったとのことを聞くと奥方と娘2人は私を総攻撃。あえなくすぐに私が負けて3頭目のラブとしてやってきました。ミニーの母クリスはJFAのファイナルにも出たことのあるとっても良い子でした。ミニーは3頭兄弟の紅一点として生まれました。

1歳を迎えるころ公園でマテをさせると5分でも10分でもわき目も振らずに震えながらずっとこちらを見ているようになりました。親元に「ミニーは、凄いものを持っている。俺が飼うのはもったいないかも」と言うと
「だったらフリスビーをさせてみては」と言う返事。
できるわけないだろうと思いながらも公園でやってみると右へ左へのとんでもないディスクを上手にキャッチ。

1カ月後には大会に初出場となりました。今思うとこれが悪かった。受け渡しをしっかり教えもしないではじめてしまったことが。

1997年5月4日の昭和記念公園でのJFAの大会に初出場。
その時私は1度も大会を見たことすらありませんでした。ところがミニーのおかげでチャレンジ大会4位。
メダルをもらいました。これで片足ズッポリはまりました。7月の新潟の大会で同じくチャレンジ大会4位。またメダル獲得。あのトロフィーが欲しいという欲が出て両足ズッポリ。

9月14日の横須賀、海風公園の大会でチャレンジ・オープンクラス同時優勝。トロフィー獲得。これで首までズッポリ。

大会が待ち遠しくて(当時月に1回くらいしかなかった)フリスビーのことしか考えなくなりました。
1997年の東京でのファイナルは優勝すると本気で思っていました。
・・・もちろん駄目でしたが・・・

このあと、ミニーの受け渡しを何とかしようとしてミニーの気持ちも考えないで、怒って威嚇して直そうとして
やればやるほど悪くなり・・

今思えばきっとミニーにとってディスクは楽しくないものになってしまっていたような・・

ミニーが私に言いました。「子供をつくらせてよ」「そして、その子とやってよ」
つづく

コピー (1) ~ DSCF0107

コピー (1) ~ DSCF0074
ミニー3歳
DSCF0071.jpg
ミニー2度目のお産・・赤リボンがウイング
DSCF0049.jpg
ウイング生後3か月

エアリアル-6

aerial616.jpg
5_20120617082525.jpg

7歳5か月の時体調を崩し色々と検査をした結果
肝硬変という診断がおりました。
一番上の写真は7歳8か月。
公園で遊んで満足している顔です。

私のために命をかけて走っていてくれたかと
思うと・・言葉になりません。
大会にも足が遠のきました。

下の動画は、亡くなる3か月前の
久しぶりに出たシニア大会。
いつでも一生懸命なエアリアルでした。



走りだす前の、ピアノをひくような、エアのそぶりが
大好きでした。


ありがとうエアリアル。
エアのラッキーナンバーは6でした。

エアリアル-5

6_20120617082524.jpg

このころは勝負はウイングで8×5を狙い、
エアとは思い切り投げてゲームを楽しんでいました。
エアはどんなゲームにも対応してくれました。
2005年エアリアル6歳



2005年名古屋でのファイナルの記念大会
エアリアル6歳9か月


エアリアル-4

7_20120617082550.jpg


エアリアル3歳
秋が瀬(スカイハウンズ)

改めて見直すと草ボーボーのコート

エアリアル5歳
三重県伊賀上野でのファイナル
4歳時は2勝するもお産のためファイナルには出られず
そして良い動画がありません


新シーズンに入って8×5ができるように
すこしモデルチェンジ
5投目の画像が乱れますが

野田

エアリアル-3

8_20120617082550.jpg
2001年、2歳になったエアリアル
地元群馬でのシリーズ戦優勝は
とても嬉しかった。


ゴールデンウィークの静岡グランシップ。
4投勝負で、とにかくゲームを
楽しんでいました。


再び大好きな六日町
グランシップも六日町もジャッジはNDAのボス。

エアリアル-2

aerial616.jpg
今日は2000年、エアリアル1歳の時の大会です。
この年はどこへでも行っていました。


まずは神戸のフラワーパークのシリーズ第1戦。
アンディー・エイミー・エアリアルと3頭とも決勝に残りました。

エアリアル、決勝Rは優勝が決まっていました。



次は千葉ポートパーク。強風の中の決勝Rでエアリアルに助けてもらいました。


長野のビッグハットでのトーナメント。室内ですがパンチカーペットに滑っていました。


2日後、今度は三重県の久居でのトーナメント。
風が強かったのを覚えています。
エアリアルはいつでも一生懸命でした。



大好きな六日町。強い雨の中。


つづく

エアリアル-1

aerial.jpg


今日6月16日はエアリアルの命日です。
もう4年の月日が過ぎました。
エアリアルを偲んでビデオを見ていたら
その歴史をここに残しておきたくなりました。


1999年1月4日午後9時30分
ミニーとサフィーの子として290gで生まれる。
6頭兄弟の長女として赤いリボンが付けられました。


生後6か月でいきなり一番上のクラスの大会に出場しました。
古河市の自衛隊の敷地内で行われました。あまりにも芝がきれいで
私は裸足です。
トーナメントで4Rを戦い抜いて準優勝しました。




2戦目は9月12日、加古川のシリーズ戦。
600㎞以上の道のりを日帰りという強行軍でした。
暑さに慣れているはずの群馬県人でも嫌になってしまうほどの暑さで
ほとんどの犬が実力が発揮できない中エアリアルだけは元気いっぱいでした。
(車が嫌いなエアリアルは道中ずっとハアハアいっていたのに・・)
決勝Rでは1Pとれば優勝という展開でした。

生後8か月でシリーズ戦初優勝でした。


つづく

ログ君とフリスビー

ログ君、どんな走りをするのか、
キャッチセンス、キャッチ力はどのくらいか
確かめたくて、公園で40mのロングリードをつけて
やってみました。


生後2か月間、育てましたが、それ以後たまに顔を見るだけの
ログ君です。はたしてやってくれるか?
少し不安でしたが・・

7_20120612232243.jpg
ディスクを見たら目の色が変わりました。戸惑うことなくしっかり追いかけてキャッチ。
キャッチセンス抜群。パーフェクトキャッチ。

3_20120612232241.jpg
レトリーブも一直線に・・ロングリードは必要なしと思えるほど。
5_20120612232240.jpg
はじめはウーウー言ってましたが3回目くらいからは
素直に手渡しができて、こちらが驚くほど

1_20120612232238.jpg
足の速さは父譲り
6_20120612232237.jpg
まっすぐスピードを緩めずに帰ってくるので
カメラをのぞきながら、ちょっと焦りました。

2_20120612232235.jpg
休憩5分をはさんで10投ずつ2回やりました。
スタミナもありそうです。

4_20120612131737.jpg
意欲・足の速さ・キャッチセンス&キャッチ力・手渡し
すべてにおいて合格点でした。
これなら戦える、勝負できる。という感じでした。
母と父の良いところをしっかり受け継いでいます。

ログ君

今日から日曜日まで
ログ君(2010・12・30生まれ母トゥルー父クレバー)を
預かります。
言うこともちゃんと聞けてなかなか良い子に
育っています。

4_20120611233929.jpg
3_20120611233931.jpg
2_20120611233932.jpg
5_20120611233934.jpg
父クレバー
1_20120611233935.jpg
七海君から写真が届きました
6_20120611233928.jpg
左から波平君・七海君・小波ちゃん
7_20120611233952.jpg

高校生

ウイングは最近、雷がとっても嫌いになりました。
見ていてかわいそうなので、大音響でごまかそうかと
30年前のAVアンプとスピーカーを引っ張り出して
試したらしっかり音を出してくれました。

3_20120607233153.jpg
秋葉原までいって10万くらいで買った記憶があります。
2_20120607233154.jpg
音響のスピーカー・・同じく秋葉原で購入、1本3万くらいか?
しかし、CDがビートルズとカーペンターズとジャニスジョプリンとビージーズくらいしかない。
ネットで見てみると
これが6500円で買える。

4_20120607233152.jpg
高校生のころ毎日聞いていたビッチェズブリュー、その他
そのレコードは今はもうあるはずもなく
早速購入。22枚のCD。40年以上前に聞いたものばかり。

明日からが楽しみ。

RAINEY君
大きくなりましたね。

rainey.jpg

プロフィール

エアジジ

Author:エアジジ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。